ローン用語の基礎知識

カードローン  

金融用語・信販用語・銀行用語

ホーム 銀行系ローン 信販系ローン 消費者金融系ローン 知っ得ローン情報 サイトマップ
 
用語の基礎知識 「ら行」
用語の基礎知識
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行
は 行 ま 行 や 行 ら 行 わ 行
「ら」の付く用語
ラインシ−ト(らいんしーと)
金融機関が、貸出先毎に、貸出金額、貸出金の使途、貸出先の財務内容、返済計画等を記載した資料のこと。
ランニング・コスト(らんにんぐ・こすと)
経営を維持していくために必要な費用のこと。運営費。

ページTOPへ↑

「り」の付く用語
利子(りし)
利率。金利。返済に際し元本以外の名目で受け取る(支払う)もの。金利は、利率発生の割合を示すもの で、利率(利子)は、残存元本に金利を乗じることによって算出される。
利息制限法(りそくせいげんほう)
昭和29年に高利の取り締まりを目的に制定された金利水準の上限を定めた民法。契約として有効な上限金利(100万円以上は年15%、10万円以上100 万円未満は年18%、10万円未満は年20%)について定めているほか、みなし利息(弁済や契約締結の際の費用以外の名目を変えて徴収する金銭は利息とみなされること)、遅延損害金についてなどが定められている。
リボルビングシステム(りぼるびぐしすてむ)
カード会社が事前に定めた利用限度額の範囲内で何度でも自由に利用ができ、返済額はあらかじめ選択している毎月一定の最低支払金額(増額返済も可)というシステム。返済方法には「定額リボルビング」と「定率リボルビング」があるが、日本では「定額リボルビング」が主流となっている。
利用限度額(りようげんどがく)
クレジットカードやローンカードが利用できる範囲として、事前にカード会社が個別に設定している金額の上限。一般的に、新規会員や若年層の会員には低く設定されており、既存の会員には途上与信制度を用い、優良顧客には限度額を増額するなど変更している。

ページTOPへ↑

「る」の付く用語
累積赤字(るいせきあかじ)
企業が毎期決算で欠損金(赤字)を計上している状態のときに、その毎期の欠損金(赤字)を累計(合計)したものをいう。

ページTOPへ↑

「れ」の付く用語
劣後ローン(れつごろーん)
その元本、利子支払の履行において、一般債権者よりも後順位におかれる債権のこと。
連帯債務(れんたいさいむ)
複数の債務者が同一の内容の給付について、それぞれ独立して全部を給付すべき債務を負担し、そのうちの一人が給付すれば他の債務者は債務を免れる多数当事者の債務をいう。
連帯保証(れんたいほしょう)
保証人が主たる債務者と連帯して債務を負担するところの保証方式のこと。

ページTOPへ↑

「ろ」の付く用語
ローン(ろーん)
貸し金。融資。住宅ローン、自動車ローンといった使途目的による融資のほか、使途目的を限定しないフリーローンもある。返済期間が長く、金額も大きく担保を要するもの(例えば住宅ローン)は金利が低く、短期で小口・無担保のもの(例えばカードローン)は金利が高めになる。
ローンカード(ろーんかーど)
CDやATMから自動融資を受けることのできるローン専用カード。銀行や消費者金融専門会社が発行している。

ページTOPへ↑

 
知っ得ローン情報
キャッシングについて
カードローンについて
クレジットカードについて
金利について
お得な情報
比較ランキング
申込みから返済まで
■ お申込み ■ ■ 返済 ■
 

| はじめに | 会社概要 | 免責事項 | プライバシー | 広告掲載 | リンクについて | お問合せ |
| 銀行系カードローン | 信販系カードローン | 消費者金融系ローン | 知っ得ローン情報 | サイトマップ |

カードローン比較
   Copyright (c) 2005 ローン・クリエーター All rights reserved.