ローン用語の基礎知識

カードローン  

金融用語・信販用語・銀行用語

ホーム 銀行系ローン 信販系ローン 消費者金融系ローン 知っ得ローン情報 サイトマップ
 
用語の基礎知識 「あ行」
用語の基礎知識
あ 行 か 行 さ 行 た 行 な 行
は 行 ま 行 や 行 ら 行 わ 行
「あ」の付く用語
青色申告(あおいろしんこく)
帳簿の備えつけなどの一定の条件を満たすことで利用することのできる申告方式。
赤字資金(あかじしきん)
赤字を補填するための資金需要のこと。
赤字融資(あかじゆうし)
企業業績の悪化により赤字となった場合に生じる資金不足を補填し企業維持を図るための貸出のこと。
悪徳商法(あくとくしょうほう)
一般的な広告、宣伝などの域を超える特殊な状況を意図的に作りだして、その中で消費者にモノやサービスを購入するように誘導したり、強制する販売方法。多くは消費者の善良さや・弱みにつけ込んで、高額な粗悪商品などを詐欺的、半強制的に売りつけたり、法外な手数料を取ったりする商法の事。最近では、インターネットなどを利用した悪質商法も増えてる。
預り金(あずかりきん)
貸金業や金融業の分野での「預り金」とは、不特定多数者からのお金の受け入れのことで、預金や定期預金の受入れ、借入金その他何らかの名義をもってするを問わず、これと同様の経済的性質を有するものを言います(出資法第2条第2項)出資法では、法律によって認可を受けた者(例えば銀行)以外の者がこの「預り金」の行為を「業」として行うことを厳しく禁止している。

ページTOPへ↑

「い」の付く用語
異時廃止(いじはいし)
個人破産の際、破産者の財産が少なく、破産費用(管財人の報酬など)も払えないような場合には、裁判所は職権により、あるいは本人の上申により破産宣告と同時に「破産廃止」の決定を行う。これを「同時廃止」という。これに対し、破産宣告後、破産手続きが進行中に破産費用が賄えないことが明らかになった場合は、その段階で破産が廃止される。これを「異時廃止」という。
一部増額返済(いちぶぞうがくへんさい)
返済途中で約定返済額より多い金額を返済すること。原則として債務者は、約定返済額より多く返済する権利や、あるいは約定返済日よりも早期に返済する権利をもつ。
一括返済(いっかつへんさい)
債務残高をすべて一括に返済、清算すること。一般的に、約定期限の前や途中返済時に、繰り上げ一括返済する場合に用いられることが多い。
一本化(いっぽんか)
数社からの借り入れを1社にまとめること。
インターネットキャッシング(いんたーねっときゃっしんぐ)
インターネットのホームページ上で融資申込み、審査を行えるサービスのこと。実際の融資は銀行振込みなどで行なわれるのが一般的。大手の場合は、インターネットで申し込み後に近くの無人契約機などでカード発行などもできる。審査は店頭、無人契約機などもすべて同様。ウェブキャッシングやオンラインキャッシング・ネットキャッシングと呼ばれることもある。

ページTOPへ↑

「う」の付く用語
内金(うちきん)
売買代金を何回かに分けて支払う場合、最終支払金以外に途中で支払う金銭のことで、「内入金(うちいれきん)」ともいう。契約によっては「手付金」と同じ意味をもつ場合もある。
運転資金(うんてんしきん)
企業が運転資本にあてる資金の事。

ページTOPへ↑

「え」の付く用語
ATM(えーてぃーえむ)
現金自動出納機。現金自動貸出返済両用機(消費者ローン業界の場合)。現金自動預払機(銀行の場合)。これとは別に、「出金」だけが可能な機械はCD機(キャッシュディスペンサー)という。
エクステンション(えくすてんしょん)
延長、拡張。消費者信用でエクステンションという場合は、「返済期間を延長して、再契約すること」を指す。返済期間を長く設定することは、毎月の返済金額がそれだけ少額になることを意味する。一般にエクステンションという与信技法を用いるのは、既契約の約定返済が困難になった時に、カウンセリングを前提として再契約を行う場合である。当初からエクステンションの概念を組み込んだ返済方法に、「ステップ償還システム」がある。
Edy(えでぃ)
「Edy(エディ)」とは、タッチするだけで支払いができる簡単・便利なプリペイド型の電子マネーのこと。自分のお財布にお金を入れるように、Edyチャージ(入金)して、繰り返しチャージして、何度でも利用できる。お支払いは店舗端末にEdyカード・Edy ケータイを軽くタッチするだけ。キャッシュレスでショッピングできるので小銭やおつりのやり取りがなく、とてもスムーズ。
延滞(えんたい)
契約された期日までに、約束された金額が返済されず遅れている状態のこと。

ページTOPへ↑

「お」の付く用語
おまとめローン(おまとめろーん)
「一本化」と同じ意味で、複数の借入を一つにまとめるローンのこと。銀行などで多く使われている商品名。
表保証(おもてほしょう)
裏保証に対する反対概念。協調融資の際に、主取引行が対外保証を行い、その他取引行が主取引行に対し一定の金額を限度に保証を行うことが多いが、この場合の主取引行の対外保証を表保証という。(その他取引行の主取引行への保証が裏保証となる。)

ページTOPへ↑

 
知っ得ローン情報
キャッシングについて
カードローンについて
クレジットカードについて
金利について
お得な情報
比較ランキング
申込みから返済まで
■ お申込み ■ ■ 返済 ■
 

| はじめに | 会社概要 | 免責事項 | プライバシー | 広告掲載 | リンクについて | お問合せ |
| 銀行系カードローン | 信販系カードローン | 消費者金融系ローン | 知っ得ローン情報 | サイトマップ |

カードローン比較
   Copyright (c) 2005 ローン・クリエーター All rights reserved.